院長ブログ

2018.09.13更新

やっと涼しくなってきた、今年の夏は異常だった。

この時期になると、この曲(夏の終わりのハーモニー)が蘇ってくる。

この曲をはじめて聞いたのは、小さな飲み屋であった、同期入局の(会社で言えば入社)S君がカラオケでこの曲を歌っていた、そういえば最近カラオケ行ってないな~。 S君は、大学から広島の関連病院に転勤することになっていた。(あの時代、教授は超絶大な権力を持っており、人事権もあり、医局員を好きなように動かしていた。)私はS君が好きだった(恋ではない)。こんなエピソードがある、S君は大学で超音波グループに入っていた(医局は当時、超音波グループ、腫瘍グループ、不妊グループの3つに分かれていて、ちなみに私は不妊グループに入っていた)が、資料集めの仕事のために、カルテを医局の自分の机に置いたままにしていた。みんな時々そうしていたが、たまたま、ある患者が外来を受診した。その患者のカルテが見つからなかった。今と違いアナログ時代であるから、カルテは診察に欠かせない。いろいろ探した結果、彼の机の上にそれはあった。さあ~、登場、こわもての外来医長のT先生に呼び出された、ご想像にお任せしますが、それは、それは、それは可哀そうだったです。このT先生には私もずいぶんお世話になったから、悪く言うつもりはないが、怒った時はいささか尋常ではない。エピソード:夜の11時過ぎ、家の電話が鳴った、こわもての外来医長T先生からである、今飲み屋にいる、帰るから迎えに来い、との御電話であった。そろそろ寝ようかな~と思っていた私はそさくさと準備をし、車を走らせ仰せつかった飲み屋に行った。その店に入るなり、T先生はお怒りになった、どんだけ待たせるんじゃあ、実は電話を頂いてから、20分ほどしか経っていなかった。土下座して謝れえ と仰った、躊躇なく私はその店の冷たい土間で正座をし謝った。店のママ(おばさん)が私に向かって、先生、そんなことやめなさい  と言ってくれたが、私は額をその土間につけ謝った。青春の思い出である。お互い若かった。そんなT先生だから仕事上のミスは容赦はしない、翌日S君は坊主頭になっていた。5分刈りというやつで超短いカットである。あの時代、長髪が主流であったのでS君の坊主頭はインパクトがものすごかった。彼の頭は注目の的であった、潔(いさぎよ)かった。不謹慎かもしれないが、良い奴だなあ~と思った、さぞかし躊躇はあっただろうに、命令に背かずさっぱりと頭を丸めた。ちょっと抜けたとこもあったが仕事は熱心だった。そんなS君が飲み屋で一人で歌っていたのが 、夏の終わりのハーモニー だったのである。いい曲である、夏の終わり、この曲とともにS君を思い出す、大学を出てからは一度も会ってはいないが、四国の病院で頑張っているようだ。機会があれば動画サイトで見てほしい、玉置浩二のソロも良いが、どこかのコンサートの締めで、初めて井上陽水と披露した時のものが好きである。陽水も玉置浩二も若いし、声が良いちょっと感動ものです、是非。

投稿者: 迫田産婦人科