院長ブログ

2018.12.01更新

閉経後のET(Estradiol therapy エストラジオール療法 つまり、女性ホルモン療法)はストレスを軽減し、ある種の認知機能を保護、維持し、認知された情報を伝える神経にも有効であると考えられる。 J Clin Endocrinol Metab 2017, 102,4457-4466から引用。つまり女性ホルモンはストレスに対する防御機能があり、ストレスが作業記憶に及ぼす影響を少なくするということだ。人間の記憶には,問題解決に関する情報を保持する長期記憶と,外界から得られた情報を一時的に保持する短期記憶(作業記憶)がある。そして,短期記憶で認知された情報が長期記憶中の知識と照合されて行動につながり,この繰り返しで問題解決が進行する。 う~ん、やっぱ女性ホルモン大事ですよね。

投稿者: 迫田産婦人科