院長ブログ

2019.01.10更新

ブランドとは、

商標,銘柄。通常,自社の商品・サービスと他社のそれとの差別化を図る目的で使用される。消費者にとっては,商品やサービスの質を判断する際の指標となり,また,質とは関係なくそのブランドの商品を持っていると格好が良いという〈ブランドの一人歩き〉現象も多く起こっている。最近では,メーカー・ブランド(ナショナル・ブランド)に代って,百貨店やスーパー等の流通業者によるプライベート・ブランド(PB)が急増中である。 (百科事典マイペディアより。)

昨年の春までポルシェターボに乗っていた、からだの一部のような車でスキがなかった。箱根の峠、上りの急コーナーに差し掛かった時、対向のバイクがオーバーランしてきた、慌てたんだろう、転倒してバイクとともに横っ滑りしながらポルシェに突っ込んできた、あ、やばい轢いたと思った。が、急ブレーキが効果し衝突はまぬがれた。車から降りてみたら、バイクとの距離は1mほどしかなかった。ポルシェって何がすごいか分かりますか。スピードではないんですよ、そりゃあスピードはアクセル踏み込めば首を痛めるくらいの加速をします。また、ハンドルは微動だにせず忠実にトレースしてくれる。エンジンが後ろにあるからハンドル操作はかなりクイック。4輪駆動だから多少雪が積もってても走れる。とまあいろいろありますが、実はポルシェのすごいところはそうではないんです、何かと思われますか。

そうです、ブレーキです。このブレーキが実に素晴らしい、奥がものすご~く深い。緩急様々な反応をしてくれるし、フルブレーキングでもめったに姿勢を崩さない、手放しでフルブレーキングしても真っすぐ止まってくれる。ただこれだけではない、ブレーキング中のハンドル操作も思いのままである。富士スピードウエイでのポルシェドライビングスクールでは、ウエット路面でフルブレーキングをし数本のパイロンを走り抜けるトレーニングをする。助手席に有名なプロドライバーが乗ってくれていろいろアドバイスもしてくれる(私の場合女性の有名なプロドライバーだった)。

アクセルペダルから足を離すそのスピード、ブレーキペダルを踏みこむまでの時間や踏み込む強さに応じ様々な反応をしてくれる、実にバリエーションが豊かである。このブレーキがあったからこそ、バイクのあの青年は死なずに済んだんだと思う。そりゃあ音は静かでもないし、乗り心地も固め、燃費も良いとは言えないし維持費もかかる、4人乗りではあるが実際2人しか乗れないと欠点もある。そんな私の10年ポルシェも、昨年春にエンジン部分から白い煙が出たので結局手放した。去っていくポルシェを見送りながら有難うと感謝した。

それから現在のスバルに乗り換えた、なぜこの車に決めたかというと、たいした理由は無かったんです。5人乗れるし、ワゴンだから荷物もたくさん積める、そういったことでなんとなく決めたかな今思えば。前の車が車だっただけに、全然期待してなかった。案の定、はじめはアクセルレスポンス、エンジンブレーキなどは嗚呼やっぱりという感じであった。値段も比較にならないのだから仕方がないと諦めていた。おじさん車だわいと思っておった。ところがである

走行距離が4000キロ過ぎたあたりからエンジンも回るようになったし、レスポンスも良くなり、足回りも、いわゆるあたりがついてきた。     この車にはアイサイト・ツーリングアシストという機能が付いている、時速0~120km/hの幅広い車速域で、アクセル、ブレーキ、ステアリング制御を自動でアシストしてくれる。どういうことかと言うと、例えば高速道路で時速80km/hに設定すればその速度を維持してくれて、前車との車間距離も設定でき、追従走行する。そればかりではない車線逸脱防止機能があるので車線のはみだしを制御するし、時速80km/hほどだったらカーブも自動で曲がる。信号待ちで停車中に美人に見とれていても、どこからともなく『あんたぁ~!』と言う、いや冗談、優しい女性の声で『先行車発進しました』とアナウンスしてくれる。バックする際も後方左右各々10メートルくらいの障害物をも検知する(先日もバックしている時、警告音が鳴ったのでよくよく見ると右後方に車が来ていてヒヤッとしたものだ)。(言っておきますがスバルからは金は貰っておりません)

てなわけで、今はこの車を愛して乗っております。癒されるんですよこの車、安心一杯なんですよ、疲れませんし。とても5分の1の値段の車だとは今は思っておりません、私の客観評価はポルシェを100とすれば70くらいですかな(怒られるかな)。と、すればこのスバルは時価1400万円の車ということになります。だが実際は400万円で購入しました。じゃあこの1000万円の差はどこから?

スポーツカーだから?いやいや日本にもありますよ、スポーツカーが。例えば同じスバルのWRX STi、これなんかいい車ですよ。ある時、西伊豆スカイラインのワインデイングを走っていると、後ろから来ましたよそのSTiが。猛スピードで近づいてきたので私もアクセルちゃんを踏み込み完全にスイッチオン、いわゆるバトル開始である。彼は直線ではやや引き離されるもののコーナーで接近してくる。ポルシェはかつて280出たことがある? 修善寺から土肥峠駐車場までの約10キロの真剣バトルであったが、そんなに引き離されることもなく彼は後ろからついてきた。車を降りると私に近づくなり『さすが早いですねえ~』と言って私の車をまじまじと観察していた。今まで私の相手はフェラーリやガヤルドやポルシェGT3などであったのだ。彼のSTiはもちろんチューンはしていたがそれでもである。彼の運転技術もさることながらこのSTiは凄かった。他にも優れた国産スポーツカーは存在するし、値段もポルシェよりかなりお買い得である。スバルの安全装備は世界一で、直進安定性も素晴らしい。ベンツ、アウデイでも敵わない。この直進安定性というのは非常に大切で、変な神経を使わなくていいので疲労度が全く違う。水平対向エンジン搭載車であるポルシェ、スバルの、ハンドルがぶれないその直進安定性に関しては引き分け。じゃあ何故ポルシェは高価なのか?

ポルシェの本国ドイツには、速度無制限道路であるアウトバーンがある、ここでは日本では考えられない猛スピードで車が走っている。そのためには車の剛性は欠かせない。つまりしっかりした車でなければならない、部品やボデイがガタガタではいけないのである。そのためには材質の頑丈さが必要になる、しかし結果として車が重くなってしまってもいけない、したがって軽くて頑丈で成形自由な材質のアルミなどを使用するが、アルミは高価である。アルミニウムはボーキサイトという鉱物を処理して酸化アルミニウム(アルミナ)が精製され、それを電気分解することでアルミニウムとなるんですが、この段階で電気が必要になるんです。日本では、アルミニウムの精製のための電気料金が高価になるため競争力がないので、車にはあまり使われてはいません。他にもエンジン内の材質問題(確かに高価のものを使っている)がありますね。ポルシェは何十年も乗れる車を目指している、しかし日本車だって他のアジア、ロシアなどにも日本の中古車が元気に走っている。耐久性でも引けを取らない。

更に、ポルシェの年間生産台数は約15万台、一方スバルは約100万台と6倍強の生産能力の差があります。この生産能力にはいろんな要素があると思うんですが、例えば匠の技術、つまり機械では不可能な熟練工の技が必要な部分が多く、1台を完成するに時間がよりかかってしまう。現代では人の手が一番高コストであることは論を待たない。また、ポルシェは完成車のチェックにも念入りで、1台毎にドライバーによるチェックをおこなって市場に出している。人件費の問題がありますね。(日本の匠もあなどれない)

輸入車だから関税がかかる❓ いやかかりませんし、ドイツからの移送費用は1台数万円程度です。ま、輸入車なので日本の法律(排ガス規制など)に合致させる必要があり、このコストはかかるでしょう。意外ですが、車種によってはドイツ本国より価格を割安に設定しているものも存在する。

結論から言えば(メーカー及び輸入車デイーラーの方、素人ですからごめんなさい)、やはりブランドイメージです。これが車の値段を多少は決定づけている。と私は思います(ちょっと強引かな)。

日本人はこのブランドに弱いとよく言われます、ブランドイメージも大切なことはわかっております。

投稿者: 迫田産婦人科