院長ブログ

2018.10.13更新

先日、建長寺に墓参りに行ってきた。もうすぐ17年になる、ここに墓を建てたのは。 それまでは倉敷の寺に遺骨を納めていた、この商売どこに落ち着くか分からなかったからだ。この寺は禅宗であり、華やかさはないがどこかジーンと趣がある、円覚寺よりも私は好きだ。境内にはサザンの桑田君(友達ではない、年下だから)が学んだ鎌倉学園がある。以前は墓参りは欠かさなかったが、ちょっとご無沙汰をすることが多くなっていた、まさに親不孝である。最近、反省し、いろいろあったし、月1で墓参に出かけている。車で八幡様の前を左折することなく、直進し、緩やかな坂を少し走るとその寺はある。17年前の記憶が思い出される、親父を助手席に乗せ威風堂々を流しながら骨壺を建長寺へと運んだ。その親父も30数年の時を超えおふくろと同じ場所で眠っている。何故か墓参の後は心が洗われる、線香の匂いにも神妙になる。墓の前で親父、おふくろに現況報告と親不孝を謝り、ちょっとお願いもする。そんな日はいつもあの気配がやってくる、風呂場で背中をそっと擦るような、いつもお前を守っているぞと言ってくる、親は死んでも側にいる間違いなく。

投稿者: 迫田産婦人科

2018.10.06更新

ご存知、クラプトンのバラードである。名曲である、全てにおいて。クラプトン41歳の時、息子のコナー君が生まれる、クラプトンは自分にどこか似ていたコナー君を溺愛した。彼が46歳の時、コナー君は母の自宅の階段を駆け上がっていた時、たまたま空いていた踊り場の窓から転落した。そこはアパートの53階だった。クラプトンの悲しみはあまりにもひどく、家に引きこもってしまった。また、酒とドラッグに溺れるのではと皆心配した。しかしそうなることなく、コナー君に捧げる曲を作ることでその悲しみを乗り越えた。

投稿者: 迫田産婦人科

2018.10.06更新

この10年、悩み続けていた。誰にも恥ずかしくて言えなかった、無論夫にも。 意を決して婦人科を受診した、手術で治りますよ、大変な手術ではありません。入院も1週間ですよ、紹介しますから、これで飛んだり跳ねたりできますよ。と医者に言われた、この10年、何だったのか。早くお会いしたかった、残念です。

投稿者: 迫田産婦人科

2018.10.05更新

我々は、祝福と感謝の下でこの世に生を受けている。

お母さんおめでとう、元気な赤ちゃんですよ。ありがとうございます。無事お産が終わった時の分娩室での光景である。

スタッフは祝福の言葉でお母さんを労い、お母さんは感謝の言葉で喜びを表現する。スタッフはその感謝の言葉で仕事を続けられる。

1日に何回、感謝しているだろうか? 1日に何回、ありがとう と言っているだろうか? 感謝の言葉は相手だけではなく、自分も幸せにしてくれる魔法の言葉でしょう。 ともすれば、忘れがちだが。

投稿者: 迫田産婦人科

2018.10.01更新

昨夜は風が強くて、家が飛んで行ってしまうのではと、心配でなかなか寝つけなかった。

今夜は水曜日(毎週木曜日が休みなので、まあ、言ってみれば月曜日が水曜日になる)、部屋をちょっと暗くして、タンベーで何年か前にマスターから

貰ったグラスに氷を入れ、その上にBOURBONを注ぎ込み、好きなJAZZを聞く。 秋の夜長、風が心地良い、アルトサックスとピアノがMISTYを奏で

ている、遠い思い出が蘇ってくる。さ、明日も頑張ろっと。

投稿者: 迫田産婦人科

2018.10.01更新

まだ私が、新米医師だった頃、指導医師と、あるお産に立ち会った。

特に異常もなく、正常にお産は終わった。しかし、その患者は、しきりに生まれたばかりの赤ちゃんを気にしている、

当たり前だといえばそれまでだが、患者の様子が明らかにおかしい。

どうしたんですか?と聞くと、その患者は、前の子が手の指が1本多かったんですと言った。

指はちゃんと5本ありますよ、他にも異常はありませんよ、と答えると、涙をうかべていた。

よっぽど、心配していたんだろう。苦しんだのだろう。 母の愛は偉大である。がんばれお母さん。

投稿者: 迫田産婦人科

2018.10.01更新

確かに、医学部受験は大変だけど、ある人がどこかで、君が医者になるのを待っているんだよ。

その人は、君にしか助けられないんだよ、その人きっと待っているんだよ。

君は、その人の為にも浪人生活に、負けないでほしい。

外来での、ある浪人生との会話より。

 

投稿者: 迫田産婦人科

2018.10.01更新

10月は俗称で神無月と言う、全国の神様がいなくなるから。

ただ、唯一、島根県の出雲では神在月と呼ばれる。全国の神様が出雲に集まり、会議をするそうである。

どんな話をするのだろうか、いずれにしても今晩は風が強い。

投稿者: 迫田産婦人科