院長ブログ

2018.09.08更新

開院して18年経つが、医者になった頃は、開業医になるなんて思ってもみなかった。

勤務医時代は手術、分娩と多岐にわたり仕事をしていたが、それなりに充実していた。

ある、きっかけで、見たことも聞いたこともない金沢区で開業することとなった。

開業が決定してから、約ひと月で開院した。

開院前は、広島で働いていたので準備が大変だった。寝れなかった、いや、寝る暇がなかった。47歳だった。

開業医なんてたいしたことないと思っていたが、大間違いだった。 朝から晩まで外来をこなすのは今もそうだが大変である。

開業しての睡眠時間は4時間ほどだった、勤務医時代よりも過酷だった。

そして当然のように、開業後2年でノイローゼになった、かなり自暴自棄になった、危うかった。

立ち直れたのは、妻(本当にありがとう)、家族、スタッフ、それと患者さんの励ましだった。ここですべての人に感謝を申し上げる。ありがとうご

ざいます。

 

勤務医時代は回診も大事な仕事である、すべての患者さんの状態を把握しておくためにも。

産婦人科の病床は、産科、婦人科の患者さんが入院している、当たり前か。

だが、そこでは、婦人科病床に小児科の患者(さんを省きます)も入院していた。小児科の患者といっても、歳は20前後、小児科の先生が患者が小

さい頃から診ていた。 血液の病気であった、時々輸血が必要だった、難病であった。輸血のインターバルも短くなっていた。

回診の際の、雑談か世間話かわからないようなやりとりを、横で微笑みながら聞いていたのを今でもはっきり覚えている。

物静かな女性であった、たまには帰宅はしていたが、その時はずいぶんうれしそうにしていた。しかし、長期の入院生活を余儀なくされていた。

恋もデートもままならなかった。 彼女は音楽が大好きで、なかでも当時流行っていた、スピッツの大ファンであった。

ある日、枕元にカセットテープがあったので誰の曲? と聞くと、ちょっとはにかんで スピッツです と彼女は言った。

興味があったので、是非聞いてみようと思いそのテープを借りた。

それから、1週間ほど経った日の朝、いつもの回診の時、彼女のベットがきれいに整頓されていた。

その日の明け方、医師の懸命の救命処置にも拘わらず彼女は帰らぬ人となった。

あのカセットテープは返せないままでいる。

 

 

投稿者: 迫田産婦人科

2018.08.27更新

何故、産婦人科医になったか? よく聞かれる。

こう答える。 おふくろが医者に殺されたからなんです。

子宮筋腫の手術ミスで亡くなった。 ミスに早く気づき対処すれば死なずに済んだ。

ミス、アクシデント等はおこりえる。 人間だから、あり得る。

問題は、患者の現状を真摯に見つめ、現状の再分析をおこなうことが、大切である。

己を過信してはいけない。間違う筈はないと。

後にあいつは某国立大学の教授戦にでた。 さすがに教授にはなれなかった。

投稿者: 迫田産婦人科

2018.08.18更新

愛妻家テミル原則番外

1.やってみる 妻が喜ぶ家事、一つでも良い

2.言ってみる 気づいた時の感謝の言葉、ありがとうを

3.  聞いてみる 愚痴でも何でも

4.  振り返ってみる 俺は良い夫か

5.  思い出してみる 出逢った頃のあの素晴らしい思いを

投稿者: 迫田産婦人科

2018.08.03更新

時折、検査をしているのに結果を確認に来られない方がいます。

何かがあって検査を受けている(検診で来られる方もいますが)のだと思うんですよ。

でも、結果を聞くことはもっと大切ですよね、参加(受診)することにはもちろん意義はあります、ですが結果が大事です、これは自己責任です。

オリンピックも参加すことに意義がある、と かつては言われたものです。しかし、最近は結果を求められています。厳しいですよね。

是非結果を聞きに来てくださいね。お願いします。

 

投稿者: 迫田産婦人科

2018.06.26更新

仕事の都合、家庭の事情で、時間内には来院できないen、そういった方も多いと思うんですよね。

大体、朝8時半から夜7時までって良いような悪いような。

相談ください、朝早くであれば診察可能かもしれませんよ。nico

 

投稿者: 迫田産婦人科

2018.04.21更新

金沢区には、休日診療所にというものがあり、日曜、祝日の急患に対応できるシステムがあります。

区内の医師、歯科医師、検査技師、薬剤師、事務の方々が順番に対応しております。本当に本当にご苦労様です。

私も、年に2回、元旦と海の日に外科系医師として勤務しておりました。ご存知かどうか、我がクリニックは日曜、祝日も診療しているため、我がままをいって毎年元旦と海の日に働いておりました。

元旦の勤務は、よし、今年も頑張るぞ ~ という気合でやっておりましたが、一方でせっかくの元旦なんだから、ゆっくりしたいという気持ちもありました。様々な理由で今年で元旦勤務を終了させていただきました。

元旦のあのゆったりかんかんをちょっと味わってみようと思ったのです。ハイ。元来、仕事人間なのでまた元旦復帰するかもしれませんが、

ちょっと休憩かなって感じです。もちろんdutyの勤務は年に2回ほどやらさせていただきます。

もちろんのこと、当クリニックでは一生懸命頑張っている方の為にも日曜、祝日の診療は続けまっせ。ハイ。

 

投稿者: 迫田産婦人科

2015.08.07更新

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者: 迫田産婦人科

前へ