クリニック紹介

院長あいさつ

「迫田産婦人科」院長の、迫田良一です。
天の思召しのような、運命のような、そんな出会いがきっかけでここ金沢区にクリニックを開業し、早いもので18年が経ちます。

勤務医時代、「もっともっと患者さんの役に立っていきたい」と感じたことから、開業を決意。私が患者さんのためになるだろうと考えた治療や、それに使用する機材はどんどん取り入れ、快適に通っていただける環境づくりを進めてまいりました。「通勤前に診療してほしい」という患者さんがいらっしゃれば、朝7時からクリニックを開け、「深夜にしか行けない」という患者さんのお声があれば、深夜0時の診療も行います。そうして、患者さんのご要望に柔軟にお応えしていけるクリニックこそが、開業当初からめざしている理想なのです。

私が診療の際に最も気を付けているのは、緊張して来院される患者さんに、いかにリラックスした状態で診療をお受けいただけるか。私は、産婦人科は非常に繊細な科だと考えています。だからこそ、患者さんのお顔やお話し方などをしっかりと見て、それぞれに合わせた接し方を心がけます。一言のギャグでクスッと笑顔がこぼれる患者さんもいれば、それが逆効果となって壁を作られてしまう患者さんもいる。そんな患者さん一人ひとりの特性を見極め、人と人とのお付き合いをしていきたいと考えています。まずは私が心を開いて接さなければ、患者さんだって心を開いてくれるはずがありません。常にその想いを持って、初心を忘れることなく日々の診療を行っております。

 

現在、日本人女性の子宮がん検診受診率は、世界の先進国に比べて非常に低い数値となっています。昔と比べても、健康診断の受診率にさほど変化がないのは、産婦人科領域のみなのです。ご自身のためはもちろん、ご家族や周囲の方々のためにも、健康診断の受診をおすすめいたします。なかなかお忙しい毎日かと思いますが、年に1度ぐらいはご自身の健康を考えるお時間があってもいいのではないでしょうか?
また、患者さんの中には、インターネットやテレビなどの情報からご自身で判断してしまい、クリニックへ来院されない方がいらっしゃいます。しかし、その診断が間違っていれば手遅れになってしまうことも。そのため、何か心配事があれば、専門機関での診療をお受けいただきたいのです。

これらは、私たち産婦人科医の課題でもあります。患者さんにとって産婦人科がもっともっと身近な存在となり、健康診断の大切さを認識していただけるよう、尽力していきたいと考えています。そのためにも、なるべく診療をお待たせしないことでストレスなく通っていただけるように心がけたり、緊張せずに通える環境づくりを徹底してまいります。些細なことであってもお気軽に受診ください。

院長紹介

経歴

昭和28年 宮崎県延岡市生まれ(H30年春 なんとあの美少年?が65歳に) 
国立島根医科大学卒業
大学附属病院、市立病院、済生会病院、赤十字病院などでの勤務を経験
平成12年9月 迫田産婦人科開業
平成15年5月 医療法人日伸会 迫田産婦人科となる

所属学会

  • 日本産婦人科学会
  • 不妊学会
  • 内分泌学会 他

専門とする疾患

  • 産婦人科
  • 不妊症
  • 生理不順(無月経、頻発月経等)
  • ホルモン異常
  • その他婦人科疾患

院内風景

受付

受付で問診票をご記入ください。また、ご来院時には保険証・各種医療証・診察券などを忘れずにお持ちください。

 

待合室

ソファでリラックスしながらお待ちください。なるべく診療をお待たせしないように心がけております。

 

診療室

院長との会話を楽しみながら診療をお受けください。お悩みごとや疑問、不安な点など、どんなことでもお気軽にお話しくださいね。

診療時間・アクセス

アクセス

住所 〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-20-9 クリニックビル本館2階
交通手段 ・電車 京浜急行線「金沢文庫駅」西口より徒歩8分
・バス 「赤坂停留所」よりすぐ
・お車 横浜横須賀道路「朝比奈インター」より10分
駐車場完備(ビル内各科共用) 無料
TEL 045-783-2200

診療時間

 
8:30-12:00 休診
14:30-19:00   休診      

   予約は要りません。

火曜の午後は 14:45~19:00です。  

日曜祝日は8:30 ~11:30です。
※水曜、土曜は午前のみの診療です。
                      休診日:木曜日