院長ブログ

2021.04.27更新

医療従事者のはしくれであるが、一向にコロナ予防ワクチンの順番が回ってこない。

スタッフ4名が先に手を挙げて申請したのだが、うんともすんともない。高齢者の接種も始まっているのだが、全くの気配なし。総合病院勤務のある看護師は、2回目を接種して少し熱がでました、とか言っていた。1回目より、2回目の接種の後、体調不良を訴える同僚が多いそうだ。あまり報道されない、ちょっと心配である。

しかし、私は接種はしない、従来のインフルエンザの予防接種効果を知っているから。私の分は他の人が打てば良い。 いや別に変わってはいない、そういう選択肢を取られる人もいらっしゃる。

実を言えば、インフルの予防接種も今まで1回しか経験がない。

【 しかし、不思議なのは子供達である。マスクもしていない、予防接種もしていないのに何故か感染症例数が極端に少ない。これは非常に重要なことだ、ここにこのウイルスの正体がある。小児科の重鎮たちはこのことをどう考えているのだろう 】

別に接種するかしないかは個人の考えであり、感染、重症化、のリスクがあると思えば、接種が宜しいかと思う。いずれにしろ、情報が少ない、変異株の出現スピードが速くなっている、本当に既存のワクチンで対応できるのか? 何か、得体の知れない影が見えているのは私だけではあるまい。

投稿者: 迫田産婦人科