院長ブログ

2021.03.28更新

先日、用事(重要用事)があり、銀座に行くこととなった。このご時世より、車で行くことにした。東京までは久しぶりであった、がやむなく車を選択した。行きはナビが機能し、思っていたよりスムーズに目的地に着けた。高速湾岸を豊洲で下りた、いや下ろされた、あれエ~ここで下りるんかい、大丈夫かい!?ここは身内が住んでいるので、時々来るエリアではあるが、ナビに呟いた、『ナビのお嬢さん、おじさんは銀座に行くんだよ、どこに連れて行くのよ、大丈夫?迷子になっちゃうよ、知らないから』派出所でおまわりさんに道を尋ねる立派な姿が脳裏をかすめた。 で、豊洲で再度、ナビをセットしたがどうも間違ってはいなかったようである。さらに、驚いたのは、豊洲から銀座まであと3キロとなっているではないか❕ ちか~あ。 身内のマンション近くを通った際『いっちゃん、お母さんの言うことを聞きなさいよ』と車の中で孫娘にエールを送り、そして、あまり迷うことなく目的の銀座のホテルに着いた、あ~良かった良かった。それにしても高速湾岸は素晴らしい、最高の交通インフラである、ありがと、ありがとね。銀座に着いたら床屋に行こうと決めていた、何故かわからないが、恐らくひげを剃ってもらいたかった(ここ10年以上剃ってもらってない、最近はもっぱら千円ちょっとの床屋さんである) ことと、身だしなみも大切であると最近ようやく思うようになったためでもある。人間、歳をとるほど身だしなみは大切なんですよ。行ったところは床屋ではなく、バーバーです、銀座ですよ、バーバーですよ、もう完全におのぼり状態、中は案の定、銀座のバーバーでした、そうです想像どうりです、それで正しいです。スーツを着ていました、いやいや私ではなくスタッフの方が。良かったかって聞きますか?無論でしょう。

翌日、皇居のお堀近くのベンチで日向ぼっこ、東京はやっぱすごい、スケールがでかいですなあ~、たまに来るのもありかな。 午後大事な用事を済ませ(ちょっと期待外れ、司会進行に難があり、中断することが多く準備不足が明らかでありました 思ったのは自分の信念、使命はやっぱり自分自身でやるしかないと結論した)そして帰路に就いた。もう夜、予想どうり帰路は大変でした、一方通行が多い、最初の四つ角で逆走しそうになったのが始まりで、もうそこからは舞い上がり状態、街の中の3車線はきつい、もうUターンの連続連続、ようやく落ち着いた場所は、一番避けたかったあの首都高速です。夜の首都高、ここは避けたかった、でも仕方がないししょうがない。幅が狭いし、急コーナーも多い、みんな飛ばしています、正直怖かったです。それからいろいろあってようやく自宅に着いたのは、銀座を出てから2時間半ほど経ってのことでした。 たった一泊なのにやはり自宅は良いものですね、安心します。

首都高を久々に走って思ったのは、もし、車が自動運転だったらあんなに不安に思うことは無かったでしょう。車の中でも仕事ができるし、夜の東京を眺めることもできる、食事だってとることができるし、おいしいお酒だって飲める、寝ていても良い。車はあくまでも静かに動く、もちろん電気自動車です、ガソリンエンジンなんてもってのほか、自分の我儘で環境を破壊しては絶対いけません。

AIが話しかけてくる『今日はお疲れ様でした。ご自宅に着きましたらお声をお掛けしますのでお休みくださいませ』『じゃあ、頼むよ』『ハイ、お任せください。ではお休みなさいませ』

そんな時代がもうすぐ来る、タクシーだって空を飛ぶ、飛行機、船も電気で動く。そんな時代がもう目の前にある。

投稿者: 迫田産婦人科

2021.03.24更新

50年前の3月、私は左手に卒業証書を持ち、高校から家までとぼとぼと歩いていた。普段は、自転車で高校に通っていたが、最後の日でもあり、徒歩を選んだ。それは、高校時代の自分に鞭をうつ為。いや、ある種の懺悔の気持ちもあったためである。

私の高校生活は、一言で言えば、『中途半端』であった。不完全燃焼に尽きた。少なくとも、青春はそこにはなかった。大学の為の高校、と捉えすぎてしまっていた、ここに問題があった。今考えると、確かに大学合格は主たる目標であらねばならないが、それに固執するあまり、余裕を犠牲にしてしまった。人間、余裕が無ければいずれ破綻する。そう、まさしく破綻の高校3年である。  余裕無し→空回り→焦り→絶望→自暴自棄→現状逃避→不登校→孤立→愛の喪失→青春の破綻。負の連鎖である。一番大事な時期に学校に行かない、親は共働きであったため、そのことにしばらく気が付かなかった。担任からの手紙により初めてその事実を知った。だが、そのことで、私は親父の意外な一面を知ることとなる。

 

投稿者: 迫田産婦人科

2021.03.23更新

いよいよ、始まる。  いや、始める。 初めは、一人からが鉄則。

他人も一緒に、と考えると依頼心がおきる。 それと、今までうまくいったためしなし。

たった一人からやる、始める。このことが大切。

投稿者: 迫田産婦人科

2020.12.13更新

自分のした事が、周りの人間にとって気に入らないものであっても、自分自身がそれを気に入っていればそれで満足だ。

だが、周りが褒めてくれたとしても、自分自身がそれに納得できなければ、不満を感じる。

         by  ウオーレン・バフェット

このSNS全盛の時代、一番大事なことは自分自身を見失わないこと。

投稿者: 迫田産婦人科

2020.12.10更新

診療時間が短縮となっており、皆様方には大変ご迷惑をおかけしていることと思います。

実を言いますと、これは、私の本意ではございません。

はは~ん、年取ったなあのオヤジ、ではございません。

空き時間を作るためです。あることを、来年から、しなければなりません。

そのためのいわば、時短診療です。 

あることとは、人間の本質に関わることです。今は詳しくは言えません。

どうかこの年老いた爺の我儘をお許しください。

投稿者: 迫田産婦人科

2020.12.08更新

投稿者: 迫田産婦人科

2020.11.29更新

ありがとう、なんてことはない、簡単である、たった5文字。

感謝の気持ちを忘れずに生きていこう、それから礼節も忘れてはいけない、

日本が世界に誇れる礼節。そうだすっかり忘れていた、扉を優しく閉めることを。

投稿者: 迫田産婦人科

2020.11.27更新

勘の良い方はもうお分かりになっていると思います。

来年、いや年末から、時代が大きく変わります。

なにか最近そわそわしませんか?

これからは、今までの価値観はがらりと変わる。そんな時代が訪れます。今まで順風ではなかった方、今年は大変でしたね、でも一生懸命頑張ってきました。来年は良いことがおこりますよきっと、人生、谷の後は山です、それを信じ(歴史を振り返ってみてください、谷ばっかり、山ばっかりなんてことは、一度もありません)来年頑張りましょう。

必死に頑張ってこられたあなたに、あることがおこることを祈っています。

投稿者: 迫田産婦人科

2020.11.25更新

しかし、全てがそろっている、そんな完璧な人間なんて何処にもいやしない。

どこかが完璧ではない、いや普通ではない、それが我々人間である。

誰だって、気が付かないが、多くの普通のものを持ってはいる。しかし、それがどんなに素晴らしいことか、奇跡であるかを悟らないと、決して幸せな人生は歩めない。 無いものにばかりに気をとられてはいないか?今持っているものに感謝しているか?

そこから、全てが始まる。簡単なことだ、今の自分に感謝するってことは。

ある女の子がいた、年端もいかない弟を連れて、戦場から二人で逃れてきた、さぞかし、壮絶な経験をしたろう。

記者の質問に、最初ははにかんでいたが、恐ろしい記憶が蘇ったのだろう、絶句してしまった。

自分の事だけ考えてて、果たしていいのか?我々は? ノアの箱舟に白いハトがオリーブの葉を銜えて戻ってきた。

来年はきっとやる。それが自然。

 

投稿者: 迫田産婦人科

2020.11.23更新

次に、あなたに両足が無かったと想像してみてください。

あなたは、母なる大地を踏みしめることは、できません。

軽やかに、スキップを踏むことも、できません。

青空に向かって、ジャンプすることもできません。

あなたは、その自由に、思いのままに、動かすことのできる、素晴らしいあなたの両足に感謝してください。

ありがとう、わたしの輝く両足、いままでありがとう、そしてこれからも、ありがとう。

投稿者: 迫田産婦人科

前へ 前へ